人気ブログランキング |

ひまわり日和


 (ご迷惑おかけします。休眠中です。)赤いひまわりです。浦和レッズや興味のあることなどへのつぶやきです。
by Red_Sunflower
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

'06夏 北海道(3)

8月28日(月) 今日も快晴!!

第2日目のコース
 ウトロ-知床五湖-知床峠-羅臼-標津-弟子屈(てしかが)-摩周湖-阿寒湖

この日はウトロから阿寒までと昨日より短い距離の移動でしたので、あちこち見学しながら
目的地を目指しました。
もう少し時間があれば、野付半島へいきトドワラを見たかったのですが今回はパスしました。
じっくり見るためには道東にしばらく滞在しないと駄目ですね(^^;)



この日も快晴! 早起きして朝からお風呂に入ってきました。
e0040452_2221572.jpg


早々にチェックアウトして知床五湖へ向います。 道がまっすぐ!
e0040452_224093.jpg

駐車場にはレンタカーと観光バスがずらっと並んでました。早めの到着だったので、
私達はなんなく入れましたが、散策を終えて車に戻ると駐車場待ちの列が
出来ててビックリ(@_@) さすが人気の知床です。

散策路を入ってすぐにあるのが一湖です。
e0040452_22225075.jpg

続いて一番大きい二湖
e0040452_22254157.jpg

水面に知床連山が映ります。雲がかかっていて残念(>_<)
e0040452_22272034.jpg

e0040452_2231960.jpgサンゴのような形をしたキノコ(?)を見つけました。
散策路は大きな岩がゴロゴロしてるので、ちょっとした山昇り気分です。
道に面した木肌にはクマの爪痕もあったりします。



駐車場から展望台の方へ向うと…
e0040452_22355260.jpg

辺り一面の熊笹です。 ヒグマが日常的に出没するそうで歩道には有刺鉄線や
電線が張り巡らされています。こういうのを見るとちょっと怖いですね。

知床五湖を後にして知床峠へ 標高738m 北方領土を望める峠です。
この日は羅臼方面は雲海。全く見えませんでした。
知床連山最高峰の羅臼岳(標高1661m) とっても雄々しい山でした。
e0040452_2246294.jpg


e0040452_22494517.jpg峠を下ったところは羅臼(らうす)です。道の駅・知床らうすで国後島を見る事ができました。
羅臼町から国後島は20kmほどしか離れていないそうです。
国境があるなんてちょっと不思議…



灯台の向こうに見える影が国後島です。
e0040452_225524.jpg


羅臼から海沿いの道を標津へ。ここから、ミルクロードを通って弟子屈(てしかが)方面へ。
ミルクロードって言うくらいなんで、牛を放牧している姿が車窓から見れます。
牛の写真が撮れなかったので、麦わらロールでもご覧下さい。
e0040452_2374078.jpg


摩周湖に到着。 霧はかかっていないようです。小さなカムイシュ島がカワイイ(^^)
e0040452_23151821.jpg


2日目の宿のある阿寒湖温泉へ到着。
明るいうちにということで、慌しく阿寒観光船に乗ってマリモを見学に行きました。
e0040452_23173564.jpg

到着した頃から雲が多くなってきてどんよりとしてきました。
e0040452_23202419.jpg

阿寒湖に浮かぶチュウルイ島でマリモが保護・展示されています。
e0040452_2332513.jpg

直径15cmくらいのマリモ達でした。思っていたより大きかった(゜o゜)

という感じで2日目も無事終了。 海から山へ盛りだくさんの一日でした。
夕食ではご当地ものを中心に食べまくりました(^^;)
胃腸が丈夫でないと北海道を楽しめないかもしれません。

レポートは(4)へつづきます。
by Red_Sunflower | 2006-09-20 22:07 | おでかけ
カテゴリ
フォロー中のブログ
りんく
以前の記事
最新のトラックバック
J第3節 vs山形 まだ..
from 流されてドコまで行くの
J第32節 vs磐田 ..
from 流されてドコまで行くの
J第9節 vs新潟 しび..
from 流されてドコまで行くの
J第10節 vs柏 や..
from 流されてドコまで行くの
09J第5節 vsグラン..
from 流されてドコまで行くの
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧